武井壮 被災者呼びかける「寝られなかったら話しかけて」

[ 2016年4月17日 21:39 ]

武井壮

 タレントの武井壮(42)が自身のツイッターで17日、熊本地震の被災者に対して「もし寝れない方がいたら話しかけてくれよな!!」と呼びかけた。

 地震発生の14日のツイートでは「阪神淡路大震災被災者経験があるからその不安が手に取るように分かる」として、その後も「災害時に電源が無い時はバイブ機能OFFして、明るさをダウン、自動ロックを最短にしてタッチ音もOFFにして無駄な消費を無くせば充電をかなり長くキープできるから設定してみてね」「首の後ろと肩が冷えると身体が冷えるの早いから綿のタオルとかを服の中に肩にかけるように入れてみるといいよ」などの具体的なアドバイスをした。

 また、“アスリートへの呼びかけ”ツイートも多い武井らしく、「九州のアスリートのみんな。。シーズン入ったばっかで練習も大変だと思うけど。。みんなの体力と精神力で周りの子供やお年寄りや女性を助けてやってくれよな。。みんなが鍛えてんのは競技力だけじゃねえ、人間の生きる力なんだって事を証明してやってくれ。。人を守れる強さがオレ達の武器だ!ってな!」(原文のまま)という独特の励ましを投げかけている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年4月17日のニュース