パッションを感じる 1位は松岡修造氏 女性は配偶者よりペットからパワー

[ 2016年4月17日 15:50 ]

松岡修造氏

 パッション(情熱)を感じるアスリートの1位は、男女とも松岡修造氏、パッションを高めてくれる音楽はウルフルズの「ガッツだぜ!」――。「パワー&パッションに関する調査」でこんな結果が出た。

 ネオマーケティング(東京)が運営するアンケートサイト「アイリサーチ」と「古河気合筋肉」で知られる古河機械金属が行った全国の20代から50代の男女計400人を対象にしたアンケートによると、「パッションを感じるアスリート」の1位には元テニスプレーヤーで、スポーツリポーターとしても活躍する松岡修造氏が選ばれ、2位は男性は大リーグ、マーリンズのイチロー、女性はフィギュアスケートの羽生結弦となった。

 「パッションを高めてくれる音楽」としては、男女とも1位が「ガッツだぜ!」、2位「負けないで」(ZARD)となった。

 「気合を入れようと思ったときにすること」としては、「腕まくり」(31.3%)、「コーヒーや栄養ドリンクを飲む」(14.5%)、「声を出す」(13.8%)が上位に。女性では「髪をまとめる」(17.5%)という声も多く聞かれた。

 また「パワーをもらえる存在は誰?」という問いには男女とも「子ども」が1位だったが2位で男性が「配偶者」だったのに対し、女性は2位「ペット」、3位「友人」で「配偶者」は「親」と並んで4位だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年4月17日のニュース