広瀬すず、18歳選挙権啓発イベント参加も「分からないことが多すぎて…」

[ 2016年4月17日 14:47 ]

「18歳選挙権啓発イベント」に出席した広瀬すず

 女優の広瀬すず(17)が17日、都内で行われた、今夏の参院選から選挙権が18歳に引き下げられることを啓発するイベント「18歳からの選挙権~投票編~」にゲスト出演した。

 広瀬は「18歳からの選挙権」キャンペーンのキャラクターで、6月に18歳になり参院選での投票が可能に。「分からないことが多すぎて、いろいろ勉強していきたい」と、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」の高校生リスナーとともに、選挙の仕組みなどの講義に参加した。

 だがその後は、選挙に関するクイズの回答を発表する役割を担っただけで、発言する機会は一切なし。同番組のメーンパーソナリティー、とーやま校長(グランジ・遠山大輔=36)とあしざわ教頭(パップコーン・大桶純一=35)らのやり取りに聞き入るのみだったため、取材陣からは不満の声が漏れたが、主催者側は「そういう運営なので」という説明に終始していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年4月17日のニュース