日テレ社長 上重アナ降板に言及 融資問題とは無関係

[ 2016年3月28日 14:40 ]

日本テレビの上重聡アナウンサー

 日本テレビの大久保好男社長が28日、東京・汐留の同局で定例会見を行い、上重聡アナウンサー(35)の情報番組「スッキリ!!」(月~金曜前8・00)降板について言及。無利息の巨額融資問題との関係を否定した。

 上重アナは今月25日に「スッキリ!!」のMCをわずか1年間で卒業。大久保社長は「他番組の出演者と同じで、1年間番組を務め上げて変更が行われただけで、それ(無利息の巨額融資)が理由ではない」と説明した。

 上重アナは昨年4月期(3月30日)からMCに就任。しかし、直後の4月2日発売の「週刊文春」(文芸春秋)で有力スポンサー創業者から無利息で1億7000万円の融資を受け、高級マンションを購入していると報道され、騒動になった。

 上重アナは25日の「スッキリ!!」最後の出演で「去年9月に全額返済し終わった」と話した。「返済方法について何か聞いているか?」の質問に、大久保社長は「個人の問題なので言及は避けたい。専門家と相談して適切な対応をすると報告は受けた」。上重アナの今後の出演番組については「もともとスポーツ中継をやりたいという希望があるので、そういった番組を担当していくことになると思う」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年3月28日のニュース