話題の中学生女優・清原果耶 竹野内豊のイメージは「怖そう」

[ 2016年3月28日 07:30 ]

「素敵な選TAXIスペシャル~湯けむり連続選択肢~」に出演する清原果耶(C)カンテレ

 2014年10月クールに竹野内豊(45)主演、バカリズム(40)脚本で話題を呼んだフジテレビ「素敵な選TAXI」のスペシャル版「素敵な選TAXIスペシャル~湯けむり連続選択肢~」が4月5日午後9時から放送される。

 玉山鉄二(35)清水富美加(21)松重豊(53)ら豪華ゲストに加え、NHK連続テレビ小説「あさが来た」の“ふゆ”役で注目を浴びる中学生女優・清原果耶(14)の出演が決定した。

 清原が演じるのは修学旅行で宿泊する旅館から突然姿を消してしまう太田真尋という女子中学生。真尋の担任教師・金本八重子(清水)が主人公の枝分(竹野内)と偶然出会い、失踪を防ごうと「選TAXI」に乗って過去に戻る…というストーリー展開。

 これまで竹野内に対して「怖そう」というイメージを抱いていたと告白した清原。しかし「実際現場に入ってみると、和やかなオーラに包まれていて、すごく優しくて楽しい方でした」と明かし「ダンディーでお茶目な枝分さんに似ているんじゃないかって思いました」と語った。

 今回は自身と同じ女子中学生をミステリアスに演じる。「私が演じる真尋は、学校では明るいキャラで、おしゃべりする仲良しが多いという部分は私と一緒でした。同じ中学生の女の子として心情が重なるところがあったので、演じやすかったです」と手応えを感じている様子だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年3月28日のニュース