小籔感激 ABCで新番組「地元のエエ女とラブホに行けた感じ」

[ 2016年3月23日 06:41 ]

新番組収録に参加した(左から)南海キャンディーズ・山里亮太、’森三中・黒澤かずこ、小籔千豊、インパルス・板倉俊之、ドランクドラゴン・鈴木拓

 吉本新喜劇座長の小籔千豊(42)が、4月10日にスタートするABCテレビの新番組「ハッキリ5~そんなに好かれていない5人が世界を救う~」(日曜後11・15)の初回収録にこのほど参加し、会見した。

 世間を本音でぶった斬るトークバラエティーのレギュラー化。「ABCの23時台といえば、関西人にはゴールデンを任せてもらえたようなもの」と感激し「地元のエエ女とラブホテルに行けた、学生時代の高根の花と飯行けた、という感じ」と独特の例えで笑わせた。

 共演の「南海キャンディーズ」山里亮太(38)も、「この枠をやらせていただけたことへの恩返しは、ブレーキを外して問題発言をいっぱいすること」と断言。「僕らの過激な発言をエンタメとして楽しんでくれたら」と期待していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年3月23日のニュース