軽井沢事故を想起 クドカン映画公開延期、試写会も中止

[ 2016年1月21日 05:30 ]

宮藤官九郎監督

 映画会社のアスミック・エースと東宝は20日、2月6日に公開予定だった映画「TOO YOUNG TO DIE!」(監督宮藤官九郎)の一部に、15人が死亡した長野県軽井沢町のバス転落事故を想起させる場面があるとして公開延期を決めた。予定されていた試写会やイベントも中止する。

 同作は神木隆之介(22)と長瀬智也(37)が主演。主人公の高校生が、修学旅行中にバス事故で死亡したことから始まる物語。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年1月21日のニュース