ASKA、覚せい剤事件経緯をブログで発表も即削除

[ 2016年1月10日 12:43 ]

歌手のASKA

 14年9月に覚せい剤取締法違反罪で有罪判決を受けた歌手ASKA(57)が9日夜、音楽への思いや事件についてつづったブログを発表した。

 ブログ内容は「1序章」から始まり「20追記」までの20項目。それぞれの項目が長文で構成されている“大作”だったが、ブログは10日のうちに削除された。

 削除されたブログのタイトルは、1序章 2ロンドン 3kicks 4ピンチとチャンス 5韓国ライブ 6リアルキャスト解散 7GHB 8勘違い 9飯島愛 10盗聴盗撮 11覚せい剤 12音楽関係者 13恐喝 14週刊文春 15エクスタシー 16逮捕 17裁判 18メール 19後記 20追記。薬物の俗称説明や、薬物を入手した際の生々しいやり取り、親交のあった飯島愛さん(享年36)との思い出や音楽への思いをつづっていた。

 関係者によると、ブログの文面はASKA本人が書いたもので、周囲の人間がブログに気づき削除したとみられる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年1月10日のニュース