大河ヒロイン長澤まさみ「おせっかいなおばさん」24日から登場

[ 2016年1月10日 05:45 ]

「真田丸」で演じる役を語る長澤まさみ

 NHK大河ドラマ「真田丸」でヒロインを演じる女優・長澤まさみ(28)が24日放送の第3話から登場する。

 堺雅人(42)が演じる主人公・真田信繁(幸村)の側室で生涯のパートナー・きり役。その人物像について長澤は「“おせっかいなおばさん”という感じ。信繁の隣でずっと話している。気が回るというのは一種のおばさんですよね」と指摘した。

 自分との共通点に関し「きりは待つことができる人だけれど、私もじっと待てる方」と説明。きりのセリフが現代語になっていることから「若い人には、時代劇への入り口になると思う」と訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年1月10日のニュース