滝藤賢一「確かに下心あった」広末涼子とのハグシーンを自ら提案

[ 2016年1月10日 06:12 ]

映画「はなちゃんのみそ汁」舞台あいさつに登壇した(前列左から)広末涼子、赤松えみな、滝藤賢一(後列左から)阿久根監督、一青窈

 女優の広末涼子(35)と俳優の滝藤賢一(39)が9日、東京・テアトル新宿で映画「はなちゃんのみそ汁」の全国公開初日舞台あいさつを行った。

 がんを患った女性とその家族の実話を基にした作品で、2人は夫婦役。広末が滝藤に抱きつくシーンは、滝藤の提案で追加したと阿久根知昭監督(49)が暴露し、滝藤は「確かに下心があったかもしれない。カットをかけてほしくなかった」とニヤリ。広末は、娘役の赤松えみな(5)を「まだ事務所に所属していません。今がチャンスです」と売り込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年1月10日のニュース