中垣さんに科学技術賞 米アカデミー、CG着色で 2月に授賞式

[ 2016年1月10日 18:48 ]

 米アカデミー賞を主宰する映画芸術科学アカデミーは9日までに、映画への技術開発面での貢献に与えられる科学技術賞を、三重県桑名市在住のエンジニア、中垣清介さん(35)らに授与すると発表した。

 中垣さんは英国のソフトウエア会社に在籍し、同僚3人も選ばれた。立体のコンピューターグラフィックス(CG)に効率よく着色するソフトウエア「MARI」を開発し、高解像度で大量のデータを扱うことを可能にしたと評価された。

 MARIは大ヒットした映画「アバター」や「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」など近年のCGを使った作品で幅広く使用されているという。

 中垣さんは「とてもうれしく思います。私たち4人だけでなく開発に携わった皆が受賞したものだと思います」とコメントした。

 授賞式は2月13日にカリフォルニア州ビバリーヒルズで行われる。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年1月10日のニュース