桂枝雀さんの長男・桂りょうば 43歳で高座デビュー

[ 2016年1月8日 05:30 ]

初高座の後、会見した桂りょうば(左)と師匠の桂ざこば

 “昭和の爆笑王”と呼ばれた落語家・桂枝雀さん(享年59)の長男・桂りょうば(43)が7日、大阪・動楽亭で高座デビューした。天才の血を引く“遅れてきた超大型新人”の初舞台を見ようと、落語ファンやマスコミが詰めかけた。

 定員100人の寄席小屋に行列ができ、約40人が入場できない盛況ぶりに、師匠の桂ざこば(68)も「親の七光というのは凄いな!」と笑顔。前座で登場したりょうばは「東の旅 発端」をよどみなく披露し、「緊張しましたけど、無事終わってホッとした」と胸をなで下ろした。

 20代からバンドのドラマーとして東京で活動。09年に枝雀さんの生誕70年記念落語会を機に、縁遠くなっていた落語の魅力を再確認した。本名・前田一知の名でアマチュアとして落語会などに参加するも、プロへの憧れを「素直に口にできなかった」という。父の弟弟子・ざこばの人柄にひかれ、昨年8月16日に入門。43歳にしてプロへの道を進む覚悟を決めた。

 ざこばは、弟子の初高座を「落ち着いてたけどまだアマチュアの延長」と辛口評価するも、「本音は期待大やがな!」と満面の笑み。話題性抜群の2世の活躍は「落語界のためにもいい」と声を弾ませ、「ハリセンを握る小指の角度が枝雀兄ちゃんそっくり。(報道陣の質問に)理屈っぽく自分なりの分析を語る所も似てる」と目を細めた。

 高座での声や表情の豊かさにも枝雀さんの面影が重なるが、本人は「枝雀落語は好きだし、親子なので似ちゃうのは仕方ない。でも、あざとく似せる気はない。似せたところでとてもじゃないけど近づけない」と苦笑い。「ざこば師匠の空気を少しでも感じてもらいたい」と、師匠愛をアピールしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年1月8日のニュース