「報ステ」古舘氏後任 富川悠太アナに決定「いきなりタスキを…」

[ 2016年1月8日 16:23 ]

古舘伊知郎氏の後任として「報道ステーション」の新キャスターを務めるテレビ朝日の富川悠太アナウンサー

 テレビ朝日は8日、古舘伊知郎氏(61)がメーンキャスターを3月いっぱいで降板する「報道ステーション」(月~金曜後9・54)の4月からの新キャスターが同局の富川悠太アナウンサー(39)に決まったと発表した。

 富川アナは2004年4月の番組スタート以来、12年間フィールドリポーターとして事件、事故、災害、政治など国内外のあらゆる現場を取材。年間100カ所以上、ジャンルの全く異なる現場に足を運び、類を見ない取材を敢行した。

 11年からは「報道ステーション SUNDAY」のキャスターを務め、バランス感覚に磨き。ここ数年は古舘キャスターが夏休み中に代理を務め、視聴者から好評を博した。4月からは現場主義のポリシーをそのままに、新しい時代のニュースキャスターに挑む。

 富川アナは同局を通じて「この12年間、私を育ててくれたのは、現場で取材させていただいた皆さまであり、全国で声を掛けてくださった皆さまです。背中を追い続けても全く近づくことすらできなかった古舘キャスターからいきなりタスキをつなぐことになり、まだ現実のものとして受け止められておりませんが、少しでも視聴者の皆さまの“役に立てる”よう努力して参る所存です」とコメント。驚きとともに、気を引き締めた。

 「これからもまた視聴者の皆さまに育てていただければ幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます」と呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年1月8日のニュース