SW 北米での興収 アバター超え史上最高を記録

[ 2016年1月8日 05:30 ]

 米映画「スター・ウォーズ」の公式ホームページや米メディアは6日、新作「フォースの覚醒」の北米での興行収入が、これまで首位だった「アバター」(監督ジェームズ・キャメロン)の約7億6050万ドル(約897億円)を抜き、史上最高を記録したと伝えた。

 6日時点での興行収入は明らかにしていないが、5日時点で7億5820万ドル(約895億円)に達したという。共同電によると、「フォースの覚醒」は公開から昨年12月20日までの世界と北米の週末興行収入でそれぞれ最高記録を達成。世界興行収入が、公開から最速の12日間で10億ドル(約1180億円)に達している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年1月8日のニュース