小雪 第3子出産後初ドラマ 初の医師役「意外と言われる」

[ 2015年11月16日 12:40 ]

第3子出産後初のドラマ出演が決定した小雪

 TOKIOの長瀬智也(37)が主演を務めるフジテレビの連続ドラマ「フラジャイル」(来年1月13日スタート、水曜後10・00)のメーンキャストが発表され、女優の小雪(38)が約2年3カ月ぶり、今年7月の第3子出産後では初のドラマ出演をすることが分かった。

 小雪が演じるのは、主人公の天才病理医・岸京一郎(長瀬)の大学時代の同期で、頻繁に岸のもとを訪ねる美人医師・細木まどか。初の医師役に挑戦する。

 「医療の世界はもっと緊迫感にあふれているのかと思っていましたが、緊迫感に加え、それだけではない部分の医師の心情が伝わってきました」と、原作の同名漫画を読んだ感想を語った小雪。初の医師役については「周りの方々から意外と言われる」と明かし、「ぜひ楽しんで演じてみたいと思います」と意気込んだ。

 10年のTBS「うぬぼれ刑事」以来、5年半ぶりとなる長瀬との共演。「共演者を温かく包んでくれるような長瀬さんとの共演にすごく安心感があります」と喜んだ。

 同ドラマには、ヒロイン役として武井咲(21)が出演。そのほか、野村周平(22)、北大路欣也(72)が出演することも発表された。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年11月16日のニュース