歌舞伎俳優・市川月乃助が新派入団 二代目喜多村緑郎を襲名へ

[ 2015年11月16日 12:32 ]

来年1月に劇団新派に入団する市川月乃助(中央)。左は波乃久里子、右は水谷八重子

 歌舞伎俳優の市川月乃助(46)が2016年1月に劇団新派に入団し、同年9月に「喜多村緑郎」の二代目を襲名することが決まった。16日に東京都内で開かれた記者会見で、月乃助は「新派の先輩方が培ったものを盗み、教えを請うてまい進したい」と抱負を語った。

 月乃助は1988年に国立劇場の歌舞伎俳優研修を修了。市川猿翁の下、歌舞伎俳優として活躍してきたが、近年は新派への参加も増えていた。

 初代喜多村緑郎(1961年死去)は人間国宝にも認定された新派の名女形。松竹によると、襲名興行は来年9月に東京・新橋演舞場、大阪松竹座で行われる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年11月16日のニュース