阿部寛、快さん訃報に「下町…」ロケ現場は「皆がショックを」

[ 2015年11月16日 16:36 ]

阿部寛

 急死した俳優の阿藤快さんとTBSドラマ「下町ロケット」で共演した阿部寛(51)が16日、所属事務所を通じてファクスでコメントし「皆がショックを隠しきれません」と、撮影現場にも悲しみが広がったことを明かした。

 阿部は阿藤さんの訃報に「つい先日まで下町ロケットの撮影で御一緒した阿藤さんの突然の訃報を今ロケ現場で聞いて、皆がショックを隠しきれません。大先輩なのにお茶目で謙虚で誰にも親しまれた方でした。難しい科学用語の台詞に苦労された時『すみません』と照れ臭そうに仰っていた笑顔が忘れられません。まだまだ御一緒させていただきたかったです。残念です。ご冥福をお祈りします」と故人をしのんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年11月16日のニュース