前園真聖 結婚質問にスッキリしない返答「来年あたり…」

[ 2015年11月16日 13:30 ]

「クロレッツ スッキリ・オブ・ザ・イヤー2015」表彰式に出席した前園真聖

 サッカー元日本代表でタレントの前園真聖(42)が16日、都内で行われた「クロレッツ スッキリ・オブ・ザ・イヤー2015」表彰式に俳優の玉木宏(35)らと出席。6年間交際を続けている女性との結婚についての質問に困惑するも、「来年あたり」と答えた。

 前園は今年一番スッキリした著名人を選ぶ「最優秀スッキリスト」部門をお笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子(33)とともに受賞。「クロレッツ スッキリ総研」所長の玉木からトロフィーを贈られた。

 2013年10月に飲酒の末、タクシー運転手に暴力をふるって現行犯逮捕された前園。「2年前にたくさんの方に迷惑をかけて、その失敗から自分を見つめ直し、いろいろと考える時間をいただきました。一歩ずつたくさんの方に支えられ、ここまで来させていただいた。まさかこの場に立てると思いませんでしたが、これからもしっかりと自分自身を見つめ直しながら進んでいきたい。スッキリとした気持ちで一歩一歩やっていきたい」と受賞を喜んだ。

 10月末にイベントに参加した際、6年間交際を続けている女性との結婚について「タイミングの問題。早い時期に。来年の誕生日までにはいい報告が出来たら」と発言し、婚約指輪も準備していることを匂わせていたが、12日のイベントでは一転、「買ってはいないですけど、デザインとかを考えている」と説明し、「そういうの(婚約)はまだないです」と話していた。それこそ“スッキリ”したいところだが、授賞式でMCから「プライベートでも幸せなことはある?」との突然の質問に戸惑いながらも「はい…」と苦笑い。「まだはっきりすっきりしていないんですが…」と困惑のコメントをすると、「来年あたり。いろんな意味で、本当の意味でスッキリできたらいい。もう少々お待ちください」と返し、集まった報道陣を笑わせた。

 今年初彼ができた白鳥は「彼にどうなんだいと問い詰めているところで、いずれスッキリするのではと」と清々しい表情を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年11月16日のニュース