“オール関西”で高評価 森山未來主演WOWOW新ドラマ

[ 2015年7月25日 12:10 ]

WOWOWドラマ「煙霞-Gold Rush-」に出演の森山未來(左)と高畑充希

 18日にスタートしたWOWOWドラマ「連続ドラマW 煙霞(えんか)―Gold Rush―」。大阪を舞台に、借金を抱える美術講師の主人公が知らぬ間に巨額の金塊争奪戦に巻き込まれるという痛快アクションサスペンスの同作は、主演の森山未來(兵庫出身)に、大阪在住で原作者の黒川博行氏をはじめ、監督・脚本など主要スタッフをオール関西出身者でそろえるという斬新な試みをしている意欲作となっている。

 ヒロインを務めるのは、朝ドラ「ごちそうさん」や「問題のあるレストラン」で注目を集めた高畑充希(大阪出身)で、森山と交わされる“ネイティブ”な大阪弁での丁丁発止が面白い。

 データニュース社が行っているWOWOW加入者を対象としたWOWOWウォッチャー(対象者1000人)によると、「大阪ロケがいいね」「(47歳・男性)、森山未来が好きなので見た。役柄がぴったり合っていたと思う」(60歳・女性)など、オール関西で制作されるドラマの世界観に評価の声も多く、視聴者満足度が3・82(5段階評価)と高満足度の基準である3・7を上回った。7月クールの地上波ドラマ・初回満足度と比較すると、トップの「花咲舞が黙ってない」3・96に次ぐ高数値だ。

 第1話では、大阪独特のボケとツッコミが自然に出るキャラクターの面白さで視聴者を掴み、徐々に怪しげな陰謀に巻き込まれていく過程が丁寧に描かれた。第2話以降の展開にも注目だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年7月25日のニュース