膳場貴子アナ、40歳の妊娠 ママでキャスター継続へ

[ 2015年7月25日 06:48 ]

膳場貴子アナウンサー

 TBSの報道番組「NEWS23」のメーンキャスターを務めるフリーの膳場貴子アナウンサー(40)が結婚し、第1子を妊娠していることが24日、分かった。現在妊娠4~5カ月とみられており、出産は年末頃の予定。

 NEWS23は降板せず、引き続き出演。産休に入る時期は未定だが、体調と相談しながら決めていく。周囲には「無事に出産して、ニュースの現場に戻ってきたい」と、ママとなった後もキャスター業を続ける意向を伝えている。

 東大医学部出身という異色の経歴を持つ膳場アナは、06年にNHKを退社しフリーに転向。TBSと専属契約を結び、「筑紫哲也NEWS23」のサブキャスターに就任。現在は後継番組「NEWS23」のメーンキャスターを務めている。穏やかな語り口と、知的でクールビューティーな印象で安定した人気を誇っている。

 ◆膳場 貴子(ぜんば・たかこ)1975年(昭50)2月28日、東京都生まれの40歳。幼少期をドイツで過ごす。東大卒業後、97年にNHK入局。「おはよう日本」「プロジェクトX」などに出演し、03年大みそかの第54回紅白歌合戦では有働由美子アナと紅組司会を務めた。06年3月に退社し、同9月からTBS「筑紫哲也…」に出演。趣味は舞台・音楽鑑賞。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年7月25日のニュース