「NGT48」お披露目、5850人応募者から22人合格

[ 2015年7月25日 19:49 ]

「NGT48」のメンバーを決めるオーディションで、最終審査に合格した22人

 AKB48の姉妹グループ「NGT48」のメンバーを決める最終審査が25日、新潟県長岡市であり、5850人の応募者から12~20歳の22人が合格し、報道陣にお披露目された。新潟県内の出身者は12人。

 NGT48の運営会社によると、書類と面接の審査を通過した74人がダンスと歌の最終審査に進んだ。最終審査には秋元康総合プロデューサーをはじめ、AKBグループの各劇場の支配人ら15人ほども参加。今後、保護者との面談などを経て正式にメンバーとなる。正式メンバーのお披露目会は早くて8月末。

 NGT48の今村悦朗劇場支配人は「即戦力が多く平均年齢は高校1、2年ぐらい。元気なメンバーがそろいパワフルなグループになる」と期待を込めた。

 新潟市中央区の商業施設「ラブラ2」に造られるNGT48の劇場オープンは10月を予定している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年7月25日のニュース