ヒロミ、番組スピード打ち切りは「全然残念じゃない 普通のこと」

[ 2015年6月30日 18:14 ]

イベントに参加したヒロミ

 タレントのヒロミ(50)が30日、都内で行われた軽乗用車「WAKE」の特別仕様車発売記念イベントに参加し、取材に応じた。MCを務めていたテレビ朝日系バラエティ番組「美女たちの日曜日」が今月28日の放送をもって、スタートからわずか3か月でのスピード打ち切りとなったばかり。

 ヒロミは「責任者だからね、一応は」としながらも「全然残念じゃないね、全然気にしてない。普通のこと」と言い切り「違う商売もやっていたから、売り上げが上がらなかったら店を閉めるのと同じ。ジャッジとしては間違ってないと思う」と冷静に番組終了を受け止めていた。

 同番組は、爆笑問題が司会のTBS系「サンデー・ジャポン」、ダウンタウンの松本人志(52)が司会のフジテレビ系「ワイドナショー」などが並ぶ激戦の日曜10時枠で放送されていた。放送終了後にヒロミは、自身のブログに「美女たちの日曜日が最終回だったのです。見ていてくれた方々 ありがとうございました。」と感謝を綴っていた。

 妻でタレントの松本伊代(50)ら家族からは「パパ、残念だね」と言われたそうだが「その程度で、わが家では大きな話題にはなってない。そういう商売だし、気にしてもしょうがない。終わる時は終わるの。いちいち俺ってYahoo!ニュースに出ているなって思うよ」とニヤリ。それでも「また“何かやって”って言ってくれないかなぁ」とリベンジに燃えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年6月30日のニュース