高杉真宙 女装でテンション上がるも採点辛口「“男だ”って思った」

[ 2015年6月30日 15:04 ]

バースデーイベントを行った高杉真宙

 俳優の高杉真宙(18)が30日、都内のクッキングスタジオでバースデーイベントを行った。

 最新写真集で女装姿を披露している高杉は「最初はガチガチだったけれど、撮られていくうちに楽しくてテンション上がっちゃいました。かつらもかぶるつもりはなかったけれど、かぶっちゃいました」とまんざらでもない様子。

 プライベートで女子に間違われることもあるというが、女装の自己採点は「50点ですかね」と厳しめで「似合うとか可愛いとか言われたけれど、自分には男にしか見えない。女装したことによって逆に“自分は男だ”って思いました」と新たな扉は開かれなかったようだ。

 この日のイベントでは、フジテレビ系で放送中の主演昼ドラ「明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~」(月~金曜後1・25)にちなんで、抽選で選ばれた女性ファン8人とオムライス作りに挑戦した。7月4日に19回目の誕生日を迎える高杉は「10代最後でもあるので、成長を意識して大人として生きていきたい」と意気込み十分。好みの女性の話になると「僕が意外と静かなので、よく笑ってくれる方がいい。料理は練習して上手になったら僕が作りますよ」とキラースマイルを浮かべていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年6月30日のニュース