六本木SW展にファン集合 なりきり「スター・ウォーズ」

[ 2015年5月5日 05:30 ]

4日、大人気SF映画の世界が楽しめる「スター・ウォーズ展」に登場人物のコスプレで熱烈なファンたちが集まった

 人気映画シリーズ「スター・ウォーズ」の国際的な記念日として認定されている4日、東京都港区の六本木ヒルズで開催中の「スター・ウォーズ展」会場に、ファンが劇中キャラクターのコスプレで詰めかけた。

 今年は12月18日に新3部作の1作目となる「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の全世界同時公開が控えているだけに、会場はお祭り騒ぎ。ダース・ベイダーやストーム・トゥルーパーらの帝国軍や反乱軍の戦士に扮したファンがあちらこちらに出現し、来場者の写真攻めにあっていた。

 スター・ウォーズの日は、映画の有名なせりふ「May the Force be with you(フォースと共にあらんことを)」の「May the Force」が、5月4日と発音が酷似していることから定められたもの。映画を製作する米ルーカス・フィルム公認で、国内では日本記念日協会の認定も受けている。

 また、田中貴金属ジュエリーは同日、ダース・ベイダーなどをあしらった純金製小判(30グラム、参考価格39万円など)を売り出した。

 ≪リップスライム怒る≫5人組ヒップホップグループ「リップスライム」が東京・六本木ヒルズで行われたFM局「J―WAVE」のイベント「スター・ウォーズ・デイ」でパフォーマンスを行った。MCのリョージ(40)は「この日のために、全作見直そうとビデオ屋に行ったのに、1本もなかった。あなたたちが借りたんでしょ!」と逆ギレ。しかし、ステージにダース・ベイダーが現れると恐縮しきりだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年5月5日のニュース