「MOZU」劇場版 “ラスボス”ダルマはたけし

[ 2015年5月5日 05:30 ]

「劇場版 MOZU」に出演するビートたけし

 昨年ヒットした刑事ドラマを映画化する「劇場版 MOZU」(監督羽住英一郎)に、ビートたけし(68)が出演する。主演の西島秀俊(44)が演じる公安警察エースの最大の敵、「ダルマ」の役。松坂桃李(26)、伊勢谷友介(38)も敵役で出演。西島に大きく立ちふさがる。11月7日公開。

 昨年、TBSとWOWOWの共同制作で放送された人気ドラマの劇場版。警視庁公安部のエース倉木(西島)と、伝説の殺し屋「百舌」が死闘を繰り広げる内容で、劇場版では2つのテロが同時発生。犯行グループが進める犯罪計画の裏で暗躍するのが「ダルマ」だ。

 ダルマは、不特定多数の人々の夢の中に現れる謎の存在。人間なのかどうかも分からないが、多くの未解決事件の裏には、必ずダルマの暗躍があると噂される。正体そのものがシリーズ最大の謎で、それが劇場版で明かされることになる。

 製作側は「えたいの知れない巨大な存在を演じられるのは、たけしさんしかいない」と起用理由を説明。たけしは「自分の好きな米国のサスペンスドラマに似た展開で面白いと思い引き受けた。西島君は、おいらのラジオ時代からの熱狂的ファンで、共通の趣味もある。気の合う相棒みたいなもの」とコメントした。

 西島にとっては、願ってもない“恩人”との共演。02年公開の北野武監督作品「Dolls」の主演に抜てきされて以降、遅咲きの演技派俳優として大きく飛躍した。3月下旬にクランクインした撮影は佳境を迎えているが、西島は「ビートたけしさんの参加は、全身の血が沸き立つ思い」と気合十分に臨んでいる。

 ≪フィリピンでド迫力爆破ロケ≫日本国内では撮影不可能な爆破シーンやカーアクションを撮るため、4月に約1カ月のフィリピンロケを敢行。マニラの巨大なマーケットで大規模な爆破を4度行い、使った銃弾も1500発に及ぶ。西島は「フィリピンでは全スタッフが文字通り命懸けで撮影しました」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年5月5日のニュース