清原氏「いっそ死のうか」 1年ぶりTV「金スマ」で地獄の1年告白

[ 2015年4月2日 05:55 ]

清原和博氏

 元プロ野球選手の清原和博氏(47)が約1年ぶりにテレビ出演する。3日放送のTBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」(後9・00)で、この1年間について赤裸々に語る。

 清原氏は昨年3月に週刊誌で薬物疑惑を報じられ、同9月に離婚を発表。バッシング報道が過熱し、公の場に姿を現すことがほとんどなくなった。当時の心境について「自分自身を否定するようになった」と吐露。「(ここまで悪く書かれるなら)いっそ死んでしまおうと思った」と自殺を考えたことを明かし「息子の存在がなかったら、この世にはいなかった」と2人の息子が唯一の救いだったとしている。

 一時は自身の死亡説が流れたこともあった。徐々に周りの人も離れていき、深い孤独感を味わったという。

 かつての栄光からの転落劇に「野球をやったことさえ後悔した。野球をやってなければ、こんなふうにはならなかった…」と告白。いかついルックスで「番長」と呼ばれた男の悲痛な姿に、共演者やスタジオも絶句した。

 番組では清原氏が現在行っている「お遍路」にも密着。現役時代に故障した膝に激痛が走る中、一人で歩き続ける姿を紹介。「もう自分のためには頑張れない」と言う清原が誰のために歩くのかも明かされる。

 ほかにも現在の生活や、日本球界に復帰した広島の黒田博樹投手、ソフトバンクの松坂大輔投手に対する思いも激白。存続危機に揺れる母校PL学園野球部などについても言及しており、大きな注目を集めそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年4月2日のニュース