さんま還暦の決意「目指せ!!寒むがりストリッパー」の意味は…

[ 2014年12月30日 08:40 ]

明石家さんまが書いた絵馬

 お笑いタレントの明石家さんま(59)が還暦を迎える2015年の決意を絵馬にしたためた。

 大阪・MBSが「オールスター絵馬2015~番組出演者の願いごと勢ぞろい~」と題し、同局のラジオ・テレビに出演する約70人に依頼した直筆絵馬を、北区茶屋町の同社ビル1階「ちゃやまちプラザ」に展示。新年の同局特別番組「痛快!明石家電視台お正月スペシャル―え~っと…干支?あっ僕ヒツジです 結婚に迷える子羊さんいらっしゃい! 売れっ子独身芸人大集合―」(1月2日前11・55)の収録直前に筆をとったさんまは、「目指せ!!寒むがりストリッパー!!」と書いた。

 同局関係者によると、意味を問われたさんまは「寒がりでも見えを張って服を脱ぐ。寒がりのストリッパーのように、今年も我慢するというこっちゃ」と説明したという。以前には「(来年7月1日で)60になるのが嫌でたまらない」などと語っていたが、絵馬は加齢をはねのける気力に満ちていた。

 ダウンタウン・浜田雅功(51)やロンドンブーツ1号2号・田村淳(41)らの絵馬も展示。2月15日まで。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年12月30日のニュース