嘉田滋賀県知事「美味しんぼ」作者を擁護

[ 2014年5月20日 12:40 ]

 滋賀県の嘉田由紀子知事は20日の記者会見で東京電力福島第1原発事故による健康影響の描写などで漫画「美味しんぼ」が議論を呼んだことに関し、作者を擁護した。「個別の一部の表現だけをあげつらうのは、いかがなものか」と述べた。

 嘉田氏は「鼻血の問題や低線量被ばくは、まだ科学的にも医学的にも証明されていない。人類として、特に低線量被ばくのデータを持てていない」と強調。「自然が元気でなかったら食は成り立たない。(作者は)本質的な問題提起をしている」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年5月20日のニュース