「X―MEN」が阪神とコラボ 再現ポスターで交流戦告知

[ 2014年5月20日 09:42 ]

映画「X-MEN:フューチャー&パスト」と阪神タイガースがコラボしたポスター

 阪神が球団史上初めて映画との本格コラボを果たした。米人気シリーズ最新作「X―MEN:フューチャー&パスト」(30日公開)のビジュアルを選手らでそっくりに再現したポスターで31日、6月1日に甲子園で行われるファーム交流戦「阪神―巨人」を告知する。

 平田勝男2軍監督はX―MENを指揮するプロフェッサーX、伊藤隼太外野手がヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンになりきり撮影。同球団は「かっこいいものができた。これを機に映画館と球場に足を運んで」と期待した。配給の20世紀フォックス映画では、「未来を守るX―MENと球界の未来を担う若虎、巨人型ロボットと戦う今作と“対巨人”の点でも合致する」とした。

 オリジナルの映画ポスターと共にJR大阪駅地下通路の「大阪駅コリドーマルチ8」で19~25日に掲出され、阪神電車本線1編成を同ビジュアルでジャックする特別列車も運行(21~28日)。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2014年5月20日のニュース