たむけん 大久保と一緒に“ちゃ~” NGKでPV開催決定

[ 2014年5月20日 07:59 ]

大阪・なんばグランド花月で開催されるPVで、応援ムードを盛り上げることになった、たむらけんじ

 大阪・なんばグランド花月(NGK)で、サッカーW杯ブラジル大会に挑む日本代表の1次リーグ2戦目「日本―ギリシャ」(6月20日前7・00開始)のパブリックビューイング(PV)が開催されることが19日、決まった。たむらけんじ(41)らサッカー好き芸人が集結。たむけんは大久保嘉人選手に「ゴールしたら“ちゃ~”パフォーマンス」をお願いしており、大久保が得点を決めて“ちゃ~”を披露した場合、場内900人も“ちゃ~”しちゃう!?

 たむけんのおなじみギャグが、お笑いの殿堂に響い“ちゃ~”う!?

 今月12日に大久保が代表選出された直後、たむけんは「南アフリカW杯の忘れ物、覚えてるよね?」とメール。10年南アフリカ大会で実現しなかった「ゴールしたら“ちゃ~”パフォーマンス」の約束のことで、「ブラジルでよろしくね」と5年越しの公約実現をあらためて、お願いした。

 大久保がギリシャ戦でゴールネットを揺らすことができれば、PV画面上で大久保が“ちゃ~”。ステージ上では本家も“ちゃ~”。さらに、ボルテージが最高潮に達した客席900人も“ちゃ~”をすることが予想され、NGKが“ちゃ~”の大合唱に包まれることになる。

 たむけんは、「結果も大事ですが見ていてワクワクするような面白い戦いをしてほしい。それで結果が付いてくれば最高!」と期待。「ボクの“ちゃ~”は日本代表オフィシャルギャグ」と豪語し、「どんどん使ってええよー」と大久保だけでなく、“ちゃ~”っかり、ザックジャパン全員へ売り込んだ。

 NGKでのサッカーのPVは、W杯出場を決めた昨年6月のアジア最終予選「日本―オーストラリア」に続く2回目で、本大会では初めて。舞台上に縦3・9メートル、横6・7メートルの大型スクリーンを設置したむけんの他、「キングコング」梶原雄太(33)らがファンと声援を送る。日本とギリシャの国旗を飾るほか、「ブラジルの人、聞こえますか~?」のギャグを持つ「サバンナ」八木真澄(39)のパネルも設置。応援ムードを盛り上げる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーさん死去」特集記事

2014年5月20日のニュース