山田孝之 朝4時まで飲んでも足りない?「登壇直前のお酒を我慢」

[ 2014年5月17日 16:50 ]

(左から)崎本大海、門脇麦、菅田将暉、山田孝之、綾野剛、高橋メアリージュン、やべきょうすけ、山口雅俊監督

 映画「闇金ウシジマくん Part2」(監督山口雅俊)の公開記念舞台あいさつが17日、都内で行われ、主演の山田孝之(30)綾野剛(32)らが出席した。

 ヤミ金融業者・ウシジマ(山田)をめぐる“八つ巴”の生存競争を描く劇場版第2弾。ストーリー展開にちなみ、登壇者が“クズエピソード”を披露した。

 山田は「きょう朝4時まで飲んでました。今後も直す気はない」と断言。「舞台あいさつ直前のお酒を我慢した」と告白すると、場内から拍手が上がった。

 「舞台あいさつがあるのに朝まで飲んでいた山田君が一番クズ」という山口監督に対し、綾野は「絶対に一番のクズは(かいじゃいけないニオイをかぐニオイフェチの)崎本(大海)君だと思う」と異論を展開しつつ「そんな崎本君が好きだよ」と笑いを誘った。

 ▼山田孝之 本日はお昼から、こんな夜向きの映画を選んでいただき、ありがとうございます。本作はテレビドラマのスピード感と映画の重厚感がうまくミックスされていると思います。出てくるのはクズばっかりなんですけど、俳優としては最高にカッコいいです。個性が強いんだけど、みんな印象に残って、見終わった後にいろんな人の顔が浮かんでくると思います。精神的にきつくなるようなシーンもあるんですけれども、笑えるところは笑ってもらって、それを大事に生きていっていただければと思います。
 
 ▼綾野剛 作品の中でウシジマくんはいろんな意味で最強です。(自分が演じた)情報屋・戌亥とウシジマは利害関係もあり、いつでも裏切れるという信頼関係を持っています。何かしら感じるものがあると思うので、そこを感じていただければと思います。

 ▼菅田将暉(自分が演じた)マサルは人ごとに思えないなと思っていただけるように演じていました。中尾さん演じる相沢と、ずーっとバカみたいなことやってるんで、ぜひ見ていただければと思います。

 ▼門脇麦 胸が痛くなるようなシーンもありますが、いろんなことを思って見ていただける映画だと思います。

 ▼高橋メアリージュン ジトッとしたシーンもありますが、笑えるところもたくさんあるので、皆さん我慢せずに思いっ切り笑って見てください!

 ▼崎本大海 クズクズと言われている人たちがたくさん出てくる映画ですが、皆さんも大小の違いがあれ、自分自身の欠片を見つけられるんじゃないかなと。それを見つけることを楽しみに見ていただければ、ウシジマの世界に浸れるんじゃないかなと思います。

 ▼やべきょうすけ たくさんのクズが出てきますが、たぶん人ってそんなに強くないと思う。流されてしまってクズになってしまっている人もいて、ひょっとしたらクズにはなっていなかったかもしれない。自分には全く関係ないなと見るのではなくて、皆さんも流されてしまうこともある思う。この映画がを見て、お金もそうですが、流されていかないといいなと思っています。

 ▼山口監督 皆さんに支えられて作ってきて「Part2」までこぎつけることができました。今回から参加していただいているクズ役の皆さんが最高得点の芝居をやった奇跡の作品です。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年5月17日のニュース