財津一郎、白木みのる、岡八郎に花紀京…半世紀の歴史

[ 2014年5月17日 05:30 ]

オバハンキャラで人気を確立したすっちー
Photo By スポニチ

すっちー 吉本新喜劇の座長に

 新喜劇の前身である吉本ヴァラエティ当時は花菱アチャコらが実質の座長として活躍した。62年に新喜劇としてスタートしてからは財津一郎や白木みのる、岡八郎に花紀京らが就任。人気再燃を狙って89年10月から始まった「新喜劇やめよッカナ!?キャンペーン」では今田耕司、ほんこん、東野幸治が座長となった。現在は内場勝則、辻本茂雄、小籔千豊、川畑の4人。

 ▼内場勝則 すっちー、栄えある中間管理職の世界へようこそ。これからは全責任が肩にのし掛かりますが適当に力抜いていけるのが新喜劇です。いい仲間がサポートしてくれます。やりがいのある、やりがいのない、面白くあり、面白くない位置ですが満足いく仕事をしてください。

 ▼辻本茂雄 すっちー独自のキャラクターで劇場を沸かせてください!

 ▼小籔千豊 僕もむちゃくちゃうれしいです。すっちーは必ず、凄い座長になると思います。これからは歴史ある新喜劇の座長として、先人やスタッフ、お客さんに感謝しながら新喜劇を盛り上げてください。ベテランや若手たちと一緒に頑張っていきましょう!

 ▼川畑泰史 すち子さん、座長就任おめでとうございます!大阪で一番面白いオバハンと言われるよう、今まで以上に大きなアメと笑いを振りまいてください!新喜劇の世界遺産登録を目指し共に頑張りましょう!

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年5月17日のニュース