高城亜樹 自ら女の命バッサリ 髪30センチ切り落とす

[ 2014年5月17日 05:30 ]

自ら切った髪の毛を手にするAKB48の高城亜樹

 AKB48の高城亜樹(22)がドラマに初主演する。6月5日スタートのテレビ東京「セーブポイント」(木曜深夜2・35)で「特殊警備官」を演じる。話題になりそうなのが、自ら地毛を切り落とすシーン。すでに収録を終え、ショートカットにイメチェンした。公の場では、17日、横浜市のパシフィコ横浜で行われるAKB48の写真撮影会でお披露目する。

 特殊警備官に就く決意を固めるシーンで鏡の前に立った。緊張感に包まれる中、長髪を手で一つに束ね、約20秒かけてハサミで約30センチ切り落とした。

 収録は今月12日。翌13日に東京・秋葉原で行われた劇場公演にはウイッグを着けて臨んでおり、ショートカットになったことはAKBの他のメンバーにも知らせていない。ボーイッシュになった新ヘアについて「ずっと伸ばしてきた髪なので、切ることを知った時、正直不安でしたが、役作りのために決意しました」と胸の内を明かした。

 待望のドラマ主演には「演技の仕事はAKB48に入る前からの夢だったので、主演ドラマの仕事をすることができて、夢のようでとてもうれしい」と感激。劇中では本格的なアクションシーンが多いため、年明けからスポーツジムに通って筋肉トレーニングを積むなど、役作りに励んできた。

 全4話で、放送枠は、いずれも30分。共演の小木茂光(52)も「学習能力が凄くて、いろんなものを吸収する」と太鼓判。第1話放送2日後の6月7日には、第6回AKB48選抜総選挙が控える。昨年20位だった高城はドラマ効果で、16位入りを目指す。

 ◆高城 亜樹(たかじょう・あき)1991年(平3)10月3日、東京都生まれ。08年にAKB48第3回研究生(6期生)オーディション合格。選抜総選挙では09年の第1回から23、13、12、17、20位。12年11月にインドネシア・ジャカルタのJKT48に移籍。今年2月、AKB48グループ大組閣祭りでJKT48との兼任が解除された。チームB所属。1メートル64。血液型B。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年5月17日のニュース