国民的美少女・吉本実憂が女優デビュー「伸び伸び演技したい」

[ 2014年5月17日 20:30 ]

(左から)吉本実憂、陣内孝則、野際陽子(C)ytv

 2012年に「全日本国民的美少女コンテスト」グランプリを受賞した吉本実憂(17)が女優デビューする。日本テレビ「獣医さん、事件ですよ」(7月3日スタート予定、木曜後11・59)。実年齢と同じ17歳の娘役に「初めてということで肩の力は入っちゃうかもしれないですけど、なるべく抜いて、初めては誰にでもあるということで、全力で伸び伸び演技したい」と意気込んでいる。

 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(日曜後8・00)への出演も決まっているが、出番は秋以降。次世代ガールズユニット「X21」のリーダーを務める注目株は今作がドラマ初出演となる。
 
 現代の“寅さん”とも言える下町の獣医役・柴健太郎に扮する陣内孝則(55)が7年ぶりに連ドラ主演。血のつながりはない家族3代が仲良く営む動物病院をめぐる「家族愛」をテーマにした人情喜劇。吉本は健太郎の娘・日菜子を演じる。

 情に厚い健太郎役には「私目線で、もしそういうお父さんがいたら、私はうれしいなと思いますね。周りからは、ちょっとウザがられている男性なのかもしれないですけど、健太郎お父さんがもし私のお父さんだったら、すごく熱くて、他の人にも優しさっていうんですかね、他の人にも熱い思いっていうのがあったりするので、私は好きですね。お父さんになってほしいなって思います」と愛着。

 血縁関係のない父娘だが「日菜子は根は本当に明るい子です。でも、やっぱり抱える部分はあると思うので、その境目をどう表現していくかっていうことに挑戦していきたいと思います」とチャレンジする構えを示した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年5月17日のニュース