錦織演出「つか版ホームドラマ」 戸塚祥太が単独初主演

[ 2014年5月2日 08:09 ]

 少年隊の錦織一清(48)が1日、都内で行われた演出舞台「出発」(7月22~27日、東京・新橋演舞場)の製作発表に出席した。故つかこうへいさんの作品で、36年ぶりの復活上演。A.B.C―Zの戸塚祥太(27)が単独初主演する。

 錦織は「エネルギッシュな、つか版ホームドラマ」とアピール。戸塚は「この作品を機に自分も出発したい。思い切り演じたい」と意気込みを語った。ほかに佐藤蛾次郎(69)、村川絵梨(26)、芳本美代子(45)らが出演する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年5月2日のニュース