ももクロ、キユーピーとダンス!「3分クッキング」史上初コラボ

[ 2014年5月2日 11:45 ]

ドラマ「悪夢ちゃんスペシャル」の特命宣伝プロデューサーを務め、日本テレビを電波ジャック。「キユーピー3分クッキング」にも登場した「ももいろクローバーZ」(C)日本テレビ

 日本テレビの特別ドラマ「悪夢ちゃんスペシャル」(2日後9・00)に出演し、ドラマと映画版の「特命宣伝プロデューサー」も務める「ももいろクローバーZ」が2日、同局を電波ジャック。「キユーピー3分クッキング」(月~土曜前11・45)にも登場した。

 番組のオープニング。通常はキユーピーと野菜の人形がダンスをするが、この日は野菜とももクロが入れ替わった。ももクロは番組のラストにもキユーピーと踊った。

 1963年の放送開始から51年間、ゲストやコラボ出演が一度もない番組。メンバー5人が収録スタジオを訪れ、直接出演交渉する様子が前日1日「ZIP!」(月~金曜前5・50)で放送された。

 リーダーの百田夏菜子(19)らが「3分クッキングに出させてください」と頭を下げるが、料理の田口成子先生や同局・小熊美香アナウンサー(32)は「分からない」と困惑気味。すると「偉い人にお願いしに行きたいんですけど。なるべく一発で行けちゃう人」と作戦変更。現れた番組プロデューサーに「作ったものを食べる役とか」とプッシュ。プロデューサーは「う~ん」と悩んだ末に「オープニングだったら、調整すれば出られるかも」と返答。ももクロはダンスを収録し、CG映像が作られた。

 百田は「普段いろんなアーティストの方とコラボさせていただいているんですけど、まさか私たちがキユーピーちゃんの世界に入れるとは思わなかったです」と感激していた。

 北川景子(27)が主演を務め、2012年10月クールに放送された連続ドラマの特別版。ももクロは北川演じるヒロインを深く関わり、将来の夢に挫折、葛藤することになる女子高生を熱演。北川とももクロがコラボユニット「きもクロ」を結成したことも話題を呼んでいる。

 3日には映画版「悪夢ちゃん The 夢ovie」も公開され、ももクロは主題歌「泣いてもいいんだよ」(作詞作曲・中島みゆき)を担当している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年5月2日のニュース