海老蔵 最後に父に教わった長兵衛「人生経験の厚みが出る役」

[ 2014年5月2日 09:07 ]

「團菊祭五月大歌舞伎」に出演した市川海老蔵(左)と尾上菊五郎

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(36)が1日、東京・東銀座の歌舞伎座で、「団菊祭五月大歌舞伎」の初日を迎えた。

 夜の部「幡随長兵衛」は、昨年2月に他界した父、市川団十郎さん(享年66)から最後に教わった役。「闘病生活に入っても、父は病室から私に長兵衛を伝え続けてくれました」と振り返っている。昨年正月の浅草公会堂で初演し、今回が2度目。「この役は、人生経験の厚みが出る役です。長兵衛という人間の大きさが、前回よりも少しでも出るよう、父と一緒に務めるつもりで精進いたします」と気合を込めた。公演は25日まで。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年5月2日のニュース