三浦友和 百恵さんと「あらためて墓参りに伺わせて」

[ 2014年5月2日 05:30 ]

宇津井健さん「お別れの会」に参列した三浦友和

宇津井健さんお別れの会

(5月1日)
 三浦友和(62)は「デビューして右も左も分からない頃から見守ってくださった恩人」と沈痛な面持ちだった。

 「赤い疑惑」など、74~80年放送のドラマ“赤いシリーズ”で共演。三浦は同作で共演した山口百恵さん(55)と80年に結婚し、媒酌人を務めたのが宇津井さんだった。夫妻が最後に宇津井さんに会ったのは8年前で「体調が悪いのは聞いていましたが、一時的なものと思ってた」と話した。

 百恵さんは来場しなかったが「あらためて墓参りに伺わせていただこうと話してます」と明かした。弔辞を読んだ水谷豊(61)は「赤い激流」で初共演。どんなにつらくても笑顔と、ユーモアを忘れないことを学んだという。「もし、どんな人になりたいかと聞かれたら…、宇津井健さんのようになりたい」と声を詰まらせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年5月2日のニュース