福島の小中学生40人 AKB48と羽田空港で「恋チュン」

[ 2014年3月24日 15:39 ]

AKB48の片山陽加(左端)らとタッチする福島県の小中学生ら

 福島県の小中学生約40人が24日、羽田空港の大型ジェット機の前で、AKB48のメンバーらとヒット曲「恋するフォーチュンクッキー」を踊った。全日空が震災と原発事故からの復興を支援するために企画した。

 舞台は全日空の機体メンテナンスセンターで、小中学生はおそろいの白いTシャツ姿。小嶋菜月(19)らAKB48の3人から自己紹介を受け、全日空グループの職員も含めた総勢約70人で息の合ったダンスを披露した。その後、メンバーと記念撮影し、ハイタッチも。

 郡山市の川倉良介君(10)は「難しかったけど、うまく踊れて楽しかった。将来、航空業界で働きたい気持ちが芽生えた」と目を輝かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年3月24日のニュース