受刑者の更生支援55年 杉良太郎を特別表彰

[ 2014年3月24日 19:12 ]

 谷垣禎一法相は24日、受刑者の更生支援活動を55年間続けてきた歌手杉良太郎(69)に大臣特別表彰を贈呈した。

 杉は15歳で刑務所での慰問活動を始め、2008年からは「特別矯正監」として、刑務所運営について法務省に提言してきた。

 法務省で記者会見した杉は、深刻な課題として刑務所の医師不足を挙げ「待遇を一般の医師並みに上げるべきだ」と指摘。高齢者の再犯率が高いことについて「(自分で)食べることもできない受刑者の面倒を出所後、誰が見るのか。他省庁と協力し考えなければいけない」と強調した。

 「私は刑務所の移り変わりを見てきた生き証人。改革への提言も経験からくるものだ」とも話し、今後も同様の支援活動を続けるという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年3月24日のニュース