田中聖 上機嫌 黄色い歓声に「機会あまりないのでうれしい」

[ 2014年3月24日 05:30 ]

レッドカーペットを笑顔で歩く田中聖(右)と品川ヒロシ監督

 元「KAT―TUN」の田中聖(28)が23日、開催中の「第6回沖縄国際映画祭」のレッドカーペットに登場した。昨年9月にジャニーズ事務所から契約を解除され、同グループ脱退後、初めて公の場に姿をみせた。

 同映画祭で初開催された国際通りでのレッドカーペットは、那覇市最大の歓楽街とあって約5万8000人が来場するなど大フィーバー。出品作「サンブンノイチ」(監督品川ヒロシ、4月1日公開)に出演している田中は、黒のスーツにウエーブがかかった長めの黒髪、顎ひげ姿。半年ぶりの“仕事復帰”とあってか、この日一番の黄色い歓声に、「こういう声援をいただける機会はあまりないのでうれしい」と笑顔をみせると、台湾メディアのインタビューに「台湾にも呼んでくださいよ」と上機嫌。今後については「いろいろやりたいけど、まだ決まってません」と語った。

 イベント後にはツイッターを更新し、「ありがとうしか言葉がなかった。こび売る訳じゃなく、みんなに支えられてる」と感謝の投稿。「早くみんなに会いてーわ! 俺さ、もっと頑張るから、もうちょっと待っててな」と呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年3月24日のニュース