安倍首相出演いいとも14・8%!イチゴ“会食”後に瞬間最高19・2%

[ 2014年3月24日 13:31 ]

フジテレビ「笑っていいとも!」のトークコーナー「テレフォンショッキング」に生出演した安倍晋三首相

 現役首相としては初めて安倍晋三首相が「テレフォンショッキング」に生出演した21日のフジテレビ「笑っていいとも!」(月~金曜正午)が、14・8%の高視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことが24日、分かった。

 首相のゲスト出演が発表された前日20日から話題を集めたが、それを数字も証明する形に。2009年1月12日の15・0%に次ぐ高視聴率をマークした。同時間帯の前4週平均6・0%からは2倍以上になった。

 瞬間最高視聴率は安倍首相がタモリ(68)とともにイチゴを食べた後の午後0時45分の19・2%だった。

 安倍首相は当日「これはタモリさんの番組で、国民的番組なので」と出演理由を説明。タモリが自身や番組について「総理としての見解を」と迫ると「無形文化財だと思います」と断言。また、自身が以前、入院していた時「タモリのボキャブラ天国」を見ていたを明かし、タモリを驚かせた。

 コーナー後半、タモリから「明日の『首相動静』の欄に“タモリと会食”と入れていただきたいので、ちょっとイチゴ持ってきますから、ここで一緒に」とお願い。首相とタモリが一緒にイチゴを食べるという“前代未聞”の映像が流れた。

 一方、消費税増税を目前に控え、会場のスタジオアルタ(東京都新宿区)周辺には「辞めていいとも!」と書かれたプラカードを持った人らが大勢集まり、騒然となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年3月24日のニュース