タモリ 熱意通じた!吉永小百合 初の「いいとも!」出演決定

[ 2014年3月24日 05:01 ]

フジテレビ「笑っていいとも!」のタモリ

 女優の吉永小百合(69)が、31日に終了するフジテレビ「笑っていいとも!」に出演することが決まった。32年の歴史に幕を下ろす同日夜の生放送特番で、芸能界屈指のサユリストである司会のタモリ(68)の念願がかなった形。特番には明石家さんま(58)やダウンタウンら歴代レギュラー陣など100人以上が集まり、にぎやかなフィナーレとなりそうだ。

 吉永が出演するのは、午後8時から3時間14分にわたって生放送される「笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号」。同日昼に、82年10月の番組開始以来、公開生放送を行ってきた東京・新宿のスタジオアルタで8054回目となる最終回を通常通り放送した後、台場のフジテレビに場所を移して行う特番だ。

 吉永の「いいとも」出演は初めて。タモリは吉永と会うことを目的に名物コーナー「テレフォンショッキング」を始めたとされるほど熱烈なサユリスト。昨年10月の番組終了発表以降は吉永の出演が注目され、同局の亀山千広社長も「タモリさんの思いをかなえてあげたい」と明言。番組側が出演を依頼したところ、快諾を得たという。

 吉永は現在、初めてプロデュースも務める主演映画「ふしぎな岬の物語」(今秋公開)の撮影中。作品に集中する吉永が撮影中にテレビ番組に出演するのは異例で、タモリの熱意に応じた格好。出演についての詳細は中継も含め検討している。

 2人の番組での共演は、82年にタモリが司会を務めていた日本テレビのバラエティー「今夜は最高!」以来、32年ぶりとなり注目を浴びそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年3月24日のニュース