土田晃之、大興奮!本物マンUトロフィー掲げた

[ 2014年3月10日 05:30 ]

マンチェスター・ユナイテッドの公式航空会社アエロフロートのイベントでプレミアリーグの優勝トロフィーと一緒に写真に収まる(左から)土田晃之、アエロフロートロシア航空・セルゲイ・A・モイセエフ日本支社長、アンドリュー・コール氏

 タレントの土田晃之(41)が9日、都内で行われた「アエロフロートプレゼンツ マンチェスター・ユナイテッド トロフィーツアー」に、英国の名門サッカークラブ・マンUを5度リーグ優勝に導いた伝説の名選手アンドリュー・コール氏(42)とともに出席した。

 イベントはマンUが2012~13年シーズンに優勝して授与された本物のプレミアリーグ・トロフィーを世界のファンにお披露目しようというもの。昨年からアエロフロート・ロシア航空がマンUの公式航空会社として提携していることから今回のツアーが実現した。

 屈強な警備員にガードされて入場したトロフィーに土田は興奮気味。コール氏から「触っていいですよ」と言われると「ええっ!」と驚きながらも、満足げにトロフィーを高々と掲げてみせた。

 マンUを27シーズン率いた名物監督アレックス・ファーガソン氏(72)について土田が質問。コール氏が「ときに感情的になったり、キレたりしますが、基本的にいい人ですよ」と答えると、集まったサッカーファンから笑いが起きた。

 マンUに所属する香川真司(24)もビデオメッセージで参加。香川についてコール氏は「シンジは素晴らしい選手だ。ユナイテッドに入る前にドルトムントで2シーズン活躍しているし、彼の前途は洋々としたものだと思う」と太鼓判を押した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年3月10日のニュース