大江アナ NY時代は「財産」 「弱小局」の好調に驚き

[ 2014年3月10日 14:28 ]

(左から)相内優香、豊島晋作、大江麻理子、大浜平太郎、大澤亜季子
Photo By スポニチ

 テレビ東京の大江麻理子アナウンサー(35)が10日、東京・港区の同局でニュース番組「ワールドビジネスサテライト」(月~金曜後11・00)のリニューアル記者会見に出席。約1年間のニューヨーク赴任を経て、待望の日本“復帰”を果たした。

 開局50周年を迎える同局が1988年に始まった看板番組を大幅リニューアル。15年間メイーンキャスターを務めてきた小谷真生子アナ(49)から大江アナにバトンを渡し、5年半ぶりに大浜平太郎アナ(45)もサブキャスターとして番組に復帰する。

 ニューヨークでの“武者修行”を終えた大江アナは「気付けば1年経っていた。私の人生にとって大きな財産になった」と報告。取材を通し肌で感じた米国経済を「ワールドビジネスサテライト」で生かしていきたいと抱負を掲げた。

 視聴率で好調が続く同局に帰国して驚かされた。「50年の歴史でもめったにないこと。ここで浮かれたら本当に終わりなので、地に足をつけて、弱小局ということを忘れずに生きていきたい」と笑わせながらも気を引き締めた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年3月10日のニュース