染五郎 東京五輪開会式参加熱望「歌舞伎は日本の伝統芸能」

[ 2013年9月10日 06:00 ]

国立劇場10月公演「一谷嫩軍記」「春興鏡獅子」製作発表に出席した(左から)市川染五郎、市川団子、松本金太郎、松本幸四郎

 歌舞伎俳優の松本幸四郎(71)が9日、東京・国立劇場で、10月公演「一谷嫩軍記」「春興鏡獅子」(10月3~27日)の会見に出席した。

 長男の市川染五郎(40)、孫の松本金太郎(8)との舞台に「3世代の初めの世代としては負けられない」と抱負。また、東京五輪決定には「元気だったら見に行きたい」と話した。

 染五郎は「開会式は誰が演出するんですかね。歌舞伎は日本の伝統芸能。日本のカラーをアピールできる要素を持ってる」と開会式参加を熱望。会見には、市川団子(9)も出席、保護者として父の市川中車(47、香川照之)も姿を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年9月10日のニュース