「ボクでいいの?」ビビる大木 ジョン万次郎資料館名誉館長就任

[ 2013年4月2日 13:38 ]

高知県土佐清水市にある「ジョン万次郎資料館」名誉館長に就任したビビる大木

 タレントのビビる大木(38)が高知県土佐清水市の「ジョン万次郎資料館」名誉館長に就任したことが分かった。

 1日、自身のツイッターで「ミスター&ゴジラの国民栄誉賞より驚き!!本日より、ジョン万次郎資料館名誉館長に就任いたしました。マジです。笑。土佐清水市にお越しの際は是非!実に興味深い人生のジョン万次郎!!」とつぶやいた。

 しかしビビるは埼玉県春日部市出身で、4月1日はエイプリルフール。なぜ高知県土佐清水市の名誉館長に?と疑った人たちがほとんどだったが、市の広報「とさしみず」で就任が発表され、市産業振興課もスポニチの取材に名誉館長就任を認めた。

 市の広報「とさしみず」に寄せたコメントによると、ビビるは2003年から幕末に興味を持ち、「当然、ジョン万次郎さんにも惹かれてしまいました!」。就任について「ボクでいいのかな??」と心配したが、「ジョン万次郎さんのスゴさを全国に届けるお手伝いさせて頂けるこの幸せ。。土佐清水市民の皆様、高知県民の皆様、お世話になります。万次郎先生―っ!!」とあいさつしている。

 土佐清水市産業振興課観光係の横山さんは就任の理由について「一人でも多くの方に郷土のジョン万次郎を知ってもらいたい、ただそれだけを思いお願いしました」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2013年4月2日のニュース