“根暗”な橋本奈々未 ドラマでは「笑顔はいつもの8割増し」

[ 2013年4月2日 12:24 ]

日テレ「BAD BOYS J」でヒロイン・久美を演じる橋本奈々未

 AKB48の公式ライバル・乃木坂46の橋本奈々未(20)が6日にスタートする日本テレビの連続ドラマ「BAD BOYS J」(毎週土曜深夜)でヒロインを演じる。埼玉県内の撮影現場で、大役に挑む胸の内を聞いた。

 ――このドラマのヒロインの性格は「天真らんまん」だそうですが、どのように演じている?

 「自分の持っている一番明るいところを引き出すようにしています」

 ――橋本さんの普段の性格を一言で表すと?

 「……根暗ですね(苦笑)」

 ――ギャップを埋めるのが大変?

 「笑顔はいつもの8割増しです(笑い)。この撮影が始まってから、面白い動画をたくさん見て笑うようにしたり、自分の好きなことをたくさんして楽しい気持ちでいるようにしています」

 ――根暗って、普段はどんな感じ?

 「うれしいとか楽しいとかは感じるんですけど、それをどう表現すればいいのか分からないんです(苦笑)。だから、今までは乃木坂のメンバーの誕生日の時も(無表情で淡々と)“おめでとう…”みたいな感じだったんですけど、最近は(満面の笑みで両手を広げながら)“おめでと~”みたいな感じにしています」

 ――天真らんまんなキャラクターを身につけると、乃木坂のステージにも生きるのでは?

 「先日もライブがあったんですけど、以前より笑顔が硬くなくなったと感じますね。“久美”(ヒロインの名前)としてステージにいられる感じです」

 ――ヒロインを演じることについてファンの反応は?

 「先日の握手会で、ファンの方に“ありがたいと思ってね”と言われました。以前出演させていただいたCMのセリフが棒読み過ぎて、ファンの方には“橋本は演技ができない”って思われているんです(苦笑)。だから、そんな私にこんな役が来て“ありがたいと思ってね”って。“それは重々承知しています”と答えました」

 ――では、最後に、ファンの方々に一言。

 「きっと“橋本の演技が不安”と思われている方がたくさんいらっしゃると思います。でも、私は現場の方たちにやさしく指導していただいて日々成長しています。その成長をみなさんに見ていただきたいと思います」

 ◆橋本 奈々未(はしもと・ななみ)1993年2月20日(平5)生まれの20歳。北海道出身。2011年8月、乃木坂46第1期メンバーオーディションに合格。身長1メートル63。血液型B。愛称ななみん。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2013年4月2日のニュース