千人が最後の別れ…涙の白川由美「いい顔で眠っています」

[ 2012年1月12日 08:19 ]

<二谷英明さん告別式>長渕剛(左)に支えられてファンに向けてのあいさつに立つ白川由美。遺影を持つのは長女・友里恵さん

 肺炎のため7日に81歳で亡くなった俳優の二谷英明さんの葬儀・告別式が11日、東京都港区の増上寺光摂殿で営まれた。ファン約300人を含む約1000人が参列。喪主の妻白川由美(75)は出棺の際、位牌を手にファンの前に立ち「皆さんに見ていただきたいと思うほど、いい顔で眠っています。本当にありがとうございました」。そばには弔辞を読んだ歌手の長渕剛(55)と、遺影を抱いた長女の友里恵さん(47)が寄り添った。

 霊きゅう車の助手席に乗った後も窓を開けて、見送るファンに位牌を見せながら「ありがとう」と何度も頭を下げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2012年1月12日のニュース