「ノブコブ」徳井骨折!フジ番組収録でラクダから落下

[ 2012年1月12日 06:00 ]

 お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の徳井健太(31)がバラエティー番組収録中にラクダから落下し、肋骨骨折など全治3週間のケガを負ったことが11日、分かった。

 番組はフジテレビ「世界衝撃映像社SP(仮)」(放送日未定)で、6日にインドで収録。ラクダレースに参加するためラクダに乗る練習をしていた際、体勢をくずして落下、左脇腹を強打した。すぐに帰国し、病院で診察を受けた結果、左外傷性気胸、左多発性肋骨骨折と診断された。

 「相方(吉村崇)が僕の分まで頑張ってラクダレースで大活躍してくれると思います!期待してください!」とコメント。所属事務所によると数日間の入院を経て、12日からテレビ収録などの仕事に復帰する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2012年1月12日のニュース